独居房と雑居房って何?どうやって振り分けられるの?選べるの?

簡単に言えば独居房は個室、雑居房は大部屋です。希望を出す事もできますが簡単には応じてもらえず、基本的にはその人の性格や人間性・どんな罪なのかなどを考えて、相応しいと思われる方に振り分けられます。独居房は精神的にかなり過酷な生活になってしまうようです。

生活に必要な物ってどうする?留置・拘置所での買い物や差し入れ

留置所でも拘置所でも生活をしなければいけませんよね。生活必需品も自分で用意しなくてはいけません。必要なものは買い物をするか、面会時などに差し入れを入れてもらう事になります。仕事はできないけどお金が必要です。差し入れの場合は厳しいチェックが行われます。

警察とは関係ない場所なの?移動する意味と拘置所での生活の真実

拘置所は警察の管轄ではありません。あくまでも留置所は警察が起訴するかを確定する為の調べの場であり、起訴されれば警察の仕事ではなくなります。拘置所での生活も留置所と基本は変わりませんが、持ち込める物が増えるなど甘くなる部分も多く過ごしやすくなる事もあるようです。

自由だけれども何もできない?制限だらけの留置所での生活の真実

留置所では様々な事を制限されます。何もないのに、何もできないのに、取り調べなどがなければ自由時間になります。これを楽だと感じれるのは最初だけ。すぐに時間が過ぎるのが遅い事を知り、過酷な生活を送っている事に気が付く事になります。自由なのに自由じゃない空間です。

Previous Page · Next Page