留置所・拘置所は生活保護施設ではない!!楽な場所ではない!

老後1人で世話をしてくれる人がいない、子供や孫が会いに来てくれない、結婚できない、離婚されて相手がいなくなった、誕生日に一人で過ごしたくない、年末年始に一人は嫌だ、仕事に行きたくない(働きたくない)、お金がなくて生活できない、ご飯を食べたいなどなど、淋しかったり、嫌な事があったり、困る事も生きていればたくさんあるでしょう。

最初は我慢したりして乗り越えるでしょうけれども、積もり積もった時、どうしようもなくなってしまう事もありますよね。心が弱い人になると、死んでしまいたいと考える事も多いです。でも、死にたくない、死ぬのが怖いと思い留まる事も多いですよね。それで正解です。でも、生きているとやっぱり辛くて苦しくて…。こんな心の叫びが犯罪になってしまう事は意外に少なくありません。

留置所・拘置所・刑務所に拘束されるようになると、3食しっかりご飯を食べる事ができます。寒い季節は暖かくはないですが布団で寝る事もできます。雑居房なら話相手もいます。独居房だったとしてもお世話をしてくれる人がいて、ずっと1人で誰とも関わらないわけではありません。仕事もしなくていいです。(刑務所では働かなければいけません。)

淋しさや苦しみから逃げる為に、わざと犯罪を犯す人も増えていると言います。特にホームレスになってしまった人やお年寄りに多いそうです。普通に生活をするよりも、留置所・拘置所・刑務所の方が楽だと思っているからです。実際に、淋しさや苦しみからは逃げれるかもしれません。楽になれるかもしれません。

私は過去に旦那と大喧嘩をした時、ちょっと警察沙汰になった事があります。離婚したいけれども離婚して1人になる勇気はなかったんですね。死ぬ勇気もありませんでした。警察の人に保護されたものの、刑務所には入れてくれませんでした。「誰かを殺せば入れる?」と聞いたんです。すると「お前は刑務所よりも、今の生活をしっかり頑張る方が罰になる。刑務所で楽しようなんて甘い。」と言われてしまいました。理解できる人には、この言葉の意味が分かるでしょう。刑務所って場合によっては罰にならないんです。更生にならないんです。もちろん、刑務所で更生する人もたくさんいますよ。

今の生活から逃げて楽をする事は一時的な気の安らぎでしかありません。すぐに外に出たいと後悔する事になる人も多いでしょう。最低限の生活は保障してもらえますが、それ以外は厳しいところです。今の生活よりも思い通りにいかない事もたくさんあります。というより、思い通りにいかない事ばっかりです。時には薬物の使い方、窃盗の仕方、人の殺し方などなど、知りたくもない情報を知ってしまう事もあります。平気でこのような犯罪をしている人もいる環境に行くのですから。私はやっぱり外で生きたいと思い直しましたよ。

留置所・拘置所・刑務所は生活保護施設ではありません。淋しい、辛いなど、自分勝手な感情だけで犯罪をして拘束されようなんて考えは捨てましょう。そんな事をしても何も解決しないんですよ。もっと人間として落ちていくだけです。小さな幸せでもいいので見つけてみてください。きっと、拘束される生活より幸せなはずです。

Categories: archive